薬を飲む前の感受性がだいぶ戻ってきつつあります

ちょっと前までかなり苦しい状態が続いてましたが、ここにきて、離脱症状がとりあえず一段落した感じがします。
6ヶ月(半年!!)も毎日かかさず続いた地獄のような精神症状と身体症状は、今はきついにしても、なんとか耐えられるぐらいに落ち着いてきました。

前回と前々回の記事に気持ち玉を入れて下さった方がいらっしゃったようで、とても励まされました。
ありがとうございます!
読んで下さっている方がいるというのは、本当に心強いなと思います。


以前とあきらかに違ってきたのは、感受性の部分です。
向精神薬を飲んであきらかにおかしくなるのは、この感受性です。

いわば、人間として一番大事な「心」の部分です。

今、こうして離脱症状が一段落してきて、やっと分かったんです。

いかに薬を飲んでいたときの自分が非人間的な感性だったかを。


一番は音楽ですね。
音楽が本当に心から良いと思えるようになってきた。

メロディの美しさ、和音の豊かさ、リズムの楽しさ、音色の持つ世界観。

そういった、音楽の本質的な楽しみ方が約3年半ぶりにできるようになってきたんです。


薬を飲んでいたときは、何か音楽が無機質な音の配列にしか感じなかった。
情緒なんて感じられなかった。
ロマンなんてなかった。

ただたんに音が規則正しく配列されている。
音がたんに上がったり下がったりしている。


薬を飲んでいたときのぼくにとって、音楽はただの無機質な音のならびに成り下がっていました。


まるで本当にロボットになったみたいでしたね。
豊かなロマンであるはずの音楽を無機的な論理で全て理解しようとしていた。
というか本当に論理でしか理解できなくなっていた。
そんなことで本当に「音楽を聴いた」と思っていた。

心で感じるということができなくなってた。


今は全く違います。

音楽を聴く。
メロディに感情を感じる。
和音に情緒を感じる。
リズムに楽しさを感じる。
音色に情景を感じる。

想像力が目の前いっぱいに広がってく。

自分は「心」で音楽を聴いたと思えます。


涙がでそうになります。

「あー、戻ってきたんだな。帰ってきたんだな」

と思います。


まるで、悪い魔女にかけられていた魔法がとけたみたいですね。
まだ身体はつらいけど。
石になっていた心が解けてきたみたいです。

心がすがすがしい。


向精神薬を飲んでいたこの3年半は一体なんだったのだろう?
ぼくは誰だったんだろう?

本当にそう思えてきて呆然としてきます。


恐ろしい悪夢からハッとなって目がさめたときのような。
今はそんな気分です。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 53

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

成都88
2013年05月20日 22:48
よっちゃん、皆さん、こんばんは。私も最近思います。
服薬中、不思議と出来なかった料理、人を懐かしみ、思う気持ち、異常心理・行動にもなり、パキシル副作用を消す為のベンゾ大量投与で、寝てばかりになり、仕事中に寝てばかりで、結局、仕事を失いました。なのに、家族は精神科が障害者枠なら大丈夫と言ったのを、鵜呑みにし、私も載ってしまいました。仕事中に手指、膝、腰が痛くなり、整骨院に通い、それで仕事を失った事もありました。
 今は、春になりかけの頃に、まさに白い薬物が体内から出て来て、洗濯物で忙しく、前向きになり始めた頃から、毎日のように、パキシル副作用と同じ症状が出て、毎日、トラブルに遭い、人と会えない状況です。精神科の差し金か!と疑います。皆さん、よっちゃんはどう乗り越えましたか?
 その一方で、料理、音楽、特にノリのいい演歌、医者を見分ける能力、事業計画(未だ無理すると、体に来る)、人を見る目、自然を感じる感性(特に、木花葉っぱ。枇杷の葉がきっかけです)が戻りつつあり、9月までに完治し、人生転機になった場所に又、出かけると言う目標を持ちつつあります。何度か、治りつつある症状を、情報不足、まさか精神科の差し金?!と言う事件で、何度も止まりましたが、今年こそは冷房警戒します。しかし、世の中、冷房だらけで、惨めですが、悩んでいます。冷房がキツイと言うと、ほぼ全員が無理解で、怒り出すのです。
 動植物の本来の姿は春夏に動き、冬に冬眠をするのに、
現代は反対になっているようで、それで、医者や精神科が増え、儲けているようで、仕方ありません。
成都88
2013年05月27日 21:31
 前にもコメントしたところですが、本気で冷房に悩まされ、家に居ても、近くの家、ビルから、冷房の風が家に入り、反対方向の部屋に逃げ、家族とトラブルになっています。冷房に関しては、家族も無理解で、冷房のように凶器になり、信じてくれません。常葉まり子さんの本にも、冷房対策を書いていないので、どこで情報を得ればいいか、わかりません。療養に行こうにも、全部、冷房列車、バス、飛行機、船に乗らないとだめなので、調べが進みません。どうやって乗り越えたか、情報交換しませんか?庭に居ても、近所の冷房の風を感じます。
わかば
2013年08月05日 18:00
私は今まさに薬抜きの離脱症状の真っ只中です
記憶喪失やさまざまなことが一年半おこり統合失調症のような症状がでました
心配した親がつれていった医者は統合失調症の薬をだし、親を安心させるためにのんだら拒否反応や副作用に苦しみました
そして理解ある医者にであいまたにどめの薬抜きがはじまりました
今は消えない恐怖心と世界がおかしくみえたりみためではわからない辛さに苦しんでいます
こういったブログをみて私も必ずよくなると元気付けてます
絶対に負けません
見た目ではわからないので親戚にはだらしない、ただ甘えているだけなどと言われたり理解はされていません
それもつらかったけれど今はどうしようもありません
私もがんばります

これが終わったら二度と体験したくないです
さん億円つまれてもいやです
必ずよくなるよね
まけないよ

ありがとう
テクノなよっちゃん
2013年08月10日 11:27
わかばさん、こんにちは!

今まさに、一番しんどいときではないでしょうか?
この苦しさは、筆舌に尽くしがたいものがありますよね。
絶対に良くなると信じてください。
ネガティブになると、血行が悪くなり、自律神経の回復がそれだけ遅れます。
ポジティブに考えれば考えるほど、血行がよくなり、自律神経が回復していきます。
ご自分が良くなることを信じるということは、とても大事な治療です。

どうすれば、リラックスできるか、色々試しましたが、脳波をa波に誘導する....という、考え方が一番いいように思いました。
脳と身体が気持ちいい!と思えることをするということです。
具体的には.....
・自然の中に入る、自然音を聴く
・なるべく早いスピードで音読をする
・ゲームなどに熱中する(迷路を解いたり)
・手先を使ったり、段取りを考えたりするようなことをする(料理や買い物など)
・筋トレをする(筋肉に強い刺激を与えると、脳が活性化します)
・繰り返しの多い音楽を聴く(例えば、こういう感じです↓)
http://www.youtube.com/watch?v=edKE10Yz_zs

テレビは、脳が衰えてイライラしやすくなるので、本当に見たい番組以外は、シャットアウトしたほうがいいです。
受身ではなく、自分から能動的にどんどん色んなことをやっていくのが、脳を活性化して、自律神経を回復させます。
かこ
2015年03月04日 17:19
今日はどうしようもなく気持ち悪く 死にたくなりました
みわ
2017年08月25日 22:05
私も今はシャンビリの途中です。
軽い気持ちで薬を飲んではいけませんね。だって、辞められないのですもの。

この記事へのトラックバック