よっちゃんの「断薬を成功させるぞ!」日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 化学薬品で冷えた身体を温める

<<   作成日時 : 2012/06/23 12:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 54

一昨年の初めに精神薬を完全に絶ってから、2年半経ちました。

おかげさまで、ほぼ、安定した体調と呼べるまでに回復しました。
まだまだ、体力はなく、普通に働けるようなレベルではありませんが、地獄のような辛い状況からは、完全に脱したといえます。

実は、体調が明らかに好転してきて、手ごたえを感じるようになったのは、ほんのここ2ヶ月くらいのことです。
それまでの約2年ほどは、年単位で見ると、少しは良くなってるかな??という程度で、はっきりと回復を自覚しているという感じではありませんでした(気持ちとしては、回復しているんだ!というのを強く意識してはいましたが....実際は今考えると、ほとんど横ばい状態だったと思います。)

なぜ、2ヶ月ほど前から、急激に良くなったかというと、食事の内容を完全に改めたからです。

考え方の基本になっているのは、

マクロビオティック

という、食事健康法です。
アメリカでは、有名な俳優の人や、モデルの方のように、美しさを追及している人にやっている人が多いそうです。
(ぼくの好きな音楽家の、坂本龍一さんもやってらっしゃるそうです。)

マクロビオティックでは、食べ物を、身体を冷やす性質の「陰性」食品と、温める性質の「陽性」食品に分類します。
人間の身体は、常に体温(だけではなく、もっと深くにあるエネルギー全体)が適温の状態でこそ、健康でいられる
と考えます。

なので、食べ物を摂取するときに、この冷やす「陰」と温める「陽」のバランスをとっていくことが大事だと考えます。

マクロビオティックでは、精製された化学薬品は、全てが例外なく、「極陰性」と言って、ものすごく身体を冷やすものと分類しています。

なので、マクロビオティック的に考えていくと、精神薬やその他の化学薬品を長年摂取してきた人は、体質が強烈な冷え体質、つまり、「強陰性体質」になっているということになります。

ぼくは、精神薬を長年飲んだことによって起こる、色々な副作用、不快な状態は、この「強烈な身体の冷え」が原因だと、今は結論づけています。

ぼくは精神薬を飲み初めてから、真夏でも全然汗をかかなくなりましたが、これが、「冷え」の顕著でわかりやすい例だと思います。
身体が冷えすぎてて真夏でも体温が上がってこないので、汗をかく必要がないということです。
そのかわり、真冬はメチャクチャ寒かったですね。
なんか、家の中にいても、身体の芯の感覚もなく、自分の身体ではない感じでした。

話を戻しますと、マクロビオティック的な観点で、化学薬品によって強烈に冷えた身体を治そうということになると、基本的にはまず、日々の食事の内容を変えていくことになります。
「冷え」を改善するための食事メニューに変えます。

つまり、とても簡単なことですが、身体を冷やす「陰性」の食品をなるべく摂らず、身体を温める「陽性」の食品(もしくは陰陽のバランスの良い「中庸」の食品。)を積極的に摂っていくということです。

食品の陰陽のおおまかな分類は以下のとおりです。



身体を冷やすものの代表は...........(陰性食品)

●お酒、コーヒー、アイス、甘いもの(特に白砂糖はヤバイです。厳禁!)、お酢、ケチャップ、果物、生野菜、身体を冷やす野菜(きゅうり、トマト、ナス、ジャガイモ...これらは火を通してもだめです)、麦茶、牛乳、豆乳、清涼飲料水、イーストパン(つまりコンビニやスーパーで売ってるパン全般。)、唐辛子、各種スパイス、カレー、冷凍食品(ただし、レンジを使わず、オーブンやフライパンなどでじっくり火を通せば大丈夫です。)

これらのものは避ける。
逆に身体を温めるものの代表は............(陽性食品)

●味噌、醤油、天然塩、お米(玄米が理想)やなるべく精製していない全粒の穀物、身体を温める野菜(かぼちゃ、白菜、キャベツ、ニンジン、玉ねぎ、ごぼう、大根、レンコン)、海藻類、ナッツ類、チーズ、卵と肉と魚(強烈に身体を温めますが、動物性のものは血をドロドロにしてしまう効果もあるので、たまに薬として使うのがいいと思います。)、三年番茶というお茶(ぼくも飲んでるのでおすすめです!!でも、ネットか健康食品店にしか売ってないです。)
※原則として、調理するときはじっくりと火を通す。

☆ものすごくしんどいとき、パニック発作がでてどうにもならないときは、醤油か味噌か天然塩をなめると、ぼくの場合は100%楽になってました。


という感じです。
以上の分類はとてもおおざっぱで、実際は、陰性よりであってもそれほど身体を冷やさないもの、陽性の食品の中でも温める作用が強烈なものやそんなに強くない優しいものまで、グラデーションの分布になっています。

図で分類しているサイトがあります↓

http://blogs.yahoo.co.jp/kotamarin/7335351.html
(下に少しスクロールすると出てきます。以前貼っていたリンクはページ自体がなくなってしまったので、こちらにリンクを変更しました。)

御参考にしてください。
(この表ではナッツ類はかなり陰性ということになっていますが、他のサイトでは中庸に分類されていることが多いのと、ぼく自身、食べると体調が良くなることから、少し陰性かもしれませんが、ほぼ、中庸の食品と考えていいと思います。)


ぼくはこの2ヶ月、以上のことを徹底して実践していますが、今までの回復スピードが嘘のように、みるみる回復しています。
精神薬の副作用で困っている方々や、薬を止めたあとの体調の悪さで困っている方々には本当におすすめの療法です。

そして、この食事療法プラス、やはり適度に運動をなさると身体はどんどん温まっていきますし、運動をすることで身体を温める以外の別のメリット(デトックス効果、内臓の活性化、筋肉にたまったノルアドレナリンの解消など。)もいっぱいありますから、マクロビオティック的食事療法+運動の両輪で、体調を整えていかれることをおすすめします。

ちなみにぼくは、スワイショウという中国の太極拳の体操をいつもやっています。
部屋でできるし、筋肉への負荷が少ないわりに全身運動で、身体を温める効果も高いので、おすすめです。

スワイショウのポイントは、腕の振りに合わせて、
「イチ、ニ、イチ、ニ..........」
とカウントして、リズムを意識することです。
こうすることで、少しずつセロトニンが出て、気持ちと自律神経が落ち着いてきます。

関連記事↓

http://yocchan-techno.at.webry.info/201008/article_2.html

あとけっこう大事なことですが、冷えた身体を温めていくと、体質が改善されていく過程で一時的に身体の色々なバランスが少し不安定になるときがあります。

これを、「好転反応」と言います。
なんとなく、身体が重くなり、少しふらふらするような、時にはかなりめまいがしたり、心臓がバクバクするときもあります。

しかし、これは身体が良くなっていく過程で必ず起こるものですから、あまり気にせず、好転反応が終わると基本的にはワンランク、体調は良くなっていますから、好転反応がおさまるまで静かに待つというのが基本スタンスだと思います。
何も不安になることはないです。
それに、好転反応はあまり長くは続かないです。
ぼくは、グラーンとめまいがきても、10分〜30分ほどで必ずおさまっていました。

ただ、半身浴などで長い時間湯船につかり、身体を温め続けていると、そのぶん、好転反応も絶え間なく出てくる気がするので、好転反応がきつくなってきたら、とりあえず、身体を温めることを中断すると、落ち着いてくると思います。


マクロビオティックについては、この記事だけではなく、ぜひ御自分でネットで調べたりすると、より理解が深くなり、実践・応用がしやすくなると思います。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(54件)

内 容 ニックネーム/日時
お返事ありがとうございました。
もうひとふんばりしてみます。

個人的に三年番茶が気になりました(゜-゜)
花柄
2012/06/24 08:25
よっちゃん本当なの?
体温も上がったの?

トマトってミネラルとかビタミンが豊富って
聞いたけど体に悪いのかな?

糖分をとらないと頭痛が出てくるとも聞いたけど、
そんなに遠ざけていいものなの??

ぱんな
2012/07/07 17:19
ぱんなさん、こんにちは。初めまして。

マクロビオティックを始めて、冷えるものをほとんど摂らなくなってから、身体も芯から徐々に温かくなってきてますよ!
何より、深く眠れるようになってきています。

トマトが身体に悪いというわけではありません。
南国のとても暑い国の人がトマトを食べるぶんには、身体を冷やしてくれて健康にいい食べ物ですが、日本はそれほど暑くないので、日本人が食べると、身体を冷やしすぎてしまうのが問題です。
日本人は日本の野菜や日本の果物、味噌・醤油などを使った日本食をメインにしっかり食べるのが一番健康になれるんですね。

糖分を摂りすぎるから、頭痛がしてくるんです(笑)
砂糖が安価に世の中にでまわるようになったのは、ごく最近のことです。
砂糖が普及する以前の時代の人たちは、糖分不足で、みんな頭痛になっていたと思いますか??
そんな話は聞きませんね。

理屈だけで、実績のない健康法を安易に信じないでください。
マクロビオティックは、もう2千年以上続いている健康法です。
歴史と実績があります。
テクノなよっちゃん
2012/07/09 13:15
よっちゃんさん、初めまして。ともです。
先日からこちらを拝見させていただいてます。スワイショウためしてみたら腰痛が楽になりました。
よっちゃんさんの記事読んでマクロビオティックに興味がでてきました。そこで質問なのですがよっちゃんさんはどのように調理してマクロビをなさっておられるのでしょうか?
スープにしたらよかったなどという風に教えていただけるとうれしいです。差し支えのない範囲でかまいませんのでお願いします。
とも
2012/07/09 17:49
ともさん、おはようございます。

ぼくも、スワイショウは身体が温まり、冷えが解消されていくので、毎日やっています!いい運動ですよね。

マクロビに関してはまだまだ初心者で、おいしいマクロビ料理というのはほとんど作れないです。

ただ、冷えを解消するという方向性で考えると、火をじっくり入れれば、それだけ食べ物は陽性化するので、野菜をじっくり煮込んだり、厚揚げをオーブンで焼いたり、油で何か炒めるときもじっくり火を通すようにしています。
圧力鍋も活用していますね。
醤油の汁物や煮物なんかは、水に切った野菜を入れて、お好みでだしをとったあと、先に醤油を入れて圧力でじっくり煮込みます。
食材に醤油もしみこみますし、野菜のうまみや甘みなども出て、おいしいです。
今は冷え解消のために、料理に砂糖やみりんは全く使っていませんが、野菜をじっくり煮込んだりすると、野菜の甘みが出るので、砂糖やみりんが必要ないなーとも思えてきます。

GOOGLEなどで、「マクロビオティック レシピ」と検索すると、色々創意工夫されたマクロビ料理のレシピがありますよ^^
テクノなよっちゃん
2012/07/10 07:36
よっちゃんさん、コメント返信ありがとうございます。なるほど、火をじっくり通すのがポイントなんですね。普段の調理であまり時間をかけて煮込んだりというのはしてない気がします。おでんくらいしか煮てませんね。今後の調理の時に気をつけてみます。圧力鍋というのは思いつかなかったので参考になりました。
自然の野菜の甘みというのはすごくおいしそうですね。
わたしも試してみます。
質問に答えていただきありがとうございました。
とも
2012/07/10 17:45
よっちゃん、糖分が減ると脳の働きが
悪くなるとか頭が痛くなるのは
よく知られたことだと思うよ。

知り合いも甘いものを控えていて、
頭痛が出てきたからフルーツを食べた
という実体験だよ。

炭水化物も体で糖に変わるから
炭水化物を食べていれば
それほど影響はないかもしれないけど。

一般論は理屈なのかな?

血液採取したり数字で出して、
それなりの根拠はあるんじゃないかな。

これは別によっちゃんの言う
マクロビオティックを否定しているわけじゃないよ。

体を温かくする食べ物に焦点を当ててるから
栄養とかとはまた健康ジャンルということかな?

よっちゃんの食材を参考にさせてもらうね。

ぱんな
2012/07/11 22:33
ぱんなさん、こんにちは!

そうですね。日本人なので、何よりもご飯をいっぱい食べるのはエネルギーや頭の働きの上でとても大事だと思います。
変なダイエットなどで、お米や穀物を食べないでいると、糖分不足になる可能性もあると思います。

なんというか、難しいんですが、小さい視点ではわからないことが色々あるということです。
マクロビでは、食事のバランスをまず、陰陽という大きな視点で見て行きます。
そのあとに、栄養学の小さい視点で、小さい部分のバランスをとっていきます。

大きい視点で考える→小さい視点で考える

この流れが色々な分野でとても大事だと思います。
今の西洋医学で治らない病気がいっぱいあるのは、小さい視点ばかりで物事を見ているからだと思います。

小さい視点でみると、マクロビと栄養学は別のもののように見えますが、大きい視点で見れば、全てつながっています。
陰陽のバランスも栄養のバランスも両方大事です。

絵を描くときに細かいところばっかり描きこんでいると、全体のレイアウトや美しさを見損なうのと同じことだと思います。
テクノなよっちゃん
2012/07/15 14:39
はじめまして。
  
以前からこちらのブログを読ませていただいてました。
  
だんだんとお元気になられていいらっしゃるようでなによりです。l



実は、主人が減薬しだして数ヶ月になりますが離脱症状にかなり疲れています。今も一日のほとんどが離脱症状言うほどです。


マクロビには、興味があります。が、まだまだ暑いと言えない時期から今もですが、とにかく暑がります。

体は、暑いのに食べる物は、温かい物を欲するようです。  


これは、体温調節機能がおかしくなってしまったのでしょうか?それとも離脱症状の一つでしょうか?     



しほ
2012/07/16 13:54
しほさん、こんにちは!

おかげさまで、ぼくは順調に回復しています。
あと1ヶ月もすれば、また働けるようになるのでは...と思っていますが、まだわかりませんね。時間の問題なだけは確かです。

”冷え”というのは、少しわかりにくくなっています。
本人も自覚がない場合が多いようです。
実際、冷えというのは、身体の芯の温度、つまり内臓の冷えなので、身体の表面は逆に暑かったりするようですね。

これを、東洋医学では”冷えのぼせ”というようです。
つまり、のぼせて体表や頭が熱くなっている(自律神経で言うと交感神経優位状態です。)だけで、内臓はとても冷えているんです。

だから、御主人は、暑がる(身体の表面が熱い)のに、内臓に直接入れる食べ物は、(内臓は冷えている)温かいものをほしがるのではないでしょうか?

あと、気をつけて頂きたいのは、例えば、身体(というより内臓を)をめちゃくちゃ冷やす性質のコーヒーは、温かいものを飲んでも、結局はめちゃくちゃ身体を冷やします。
逆に身体を温める性質の三年番茶は、冷やして飲んでも、結局は内臓を温めてくれます。
なので、摂取するときの温度はほとんど関係がないと思ってくださっていいと思います。

その食べ物、飲み物が持っているもともとの性質が、どのようなものなのかがとても大事です。

御主人は今、一日、どんな御様子ですか?
テクノなよっちゃん
2012/07/16 15:59

お返事ありがとうございました。

冷たい物が体を冷やすとか、温かい物が体を温めるとか、そんなものでは、ないんですね!

 
主人の一日は、ほぼ寝たきりです。寝たきりとは、少し大袈裟な言い方ですが、睡眠も3〜4時間との事です。

色々考えたり、話をしたり、ストレスがかかったり、毎食時後には、頭の中にたくさんのゴルフボールのようなのがわいてきて、それが頭の外に出るらしいです。しかし出ても出ても後から後からわいてくるらしいです。その感覚が体力をかなり使うらしいいですが  
出尽くすのを待つしかないと言います。途中で止めても反動(?)でひどくなるらしいです。

食欲もあまりでないらしいですが体力がよわらないようにと、詰め込んでいます。おかゆと野菜、魚、野菜もごぼう、じゃがいもは、のどに詰まるので×。魚も種類により喉につまるのそういうのは、×。炒めたり揚げたりも胸焼けするようで×。 


あとは、右手のしびれ。みぞおちに穴が空いているとずっと言ってましたが最近は、胸やら肺やらに上ってきて痛いと言います。   

それと、結局毎日必ず現れる症状は、三度の食事後の頭の中のボ−ルと顔中にへばりつくねばねばしたもの、ゼリー状やら、うどんみたいなものやら、あっ、そう言えば額から紐がでたり、こめかみを金属棒が刺さってるとか・・・・。考えると色々あります。

それらが治まる頃には、すっかり疲れてしまうらしいです。そうこうしている間に次の食事の時間になり、また始まるらしいです。   

他にもこまごまありますが・・・・。


今は、PCもできない、今までしていた事が何もできなくやる気力もない。  
果たしてこのまま治るのか、俺は、廃人になるのか?と言います。

それでもなんとかがんばってるところです。   




しほ
2012/07/16 16:52
しほさん、こんにちは。

なるほど、おおかた、御主人の御様子がわかりました。
過度な冷えによる典型的な身体・精神症状ですね。
細かい症状のニュアンスは違いますが、ぼくも、幻覚・幻聴様症状や、気力の減退などは、マクロビオティックを始める2年半ほどは、ずっとおさまらず辟易していましたから。
相当、しんどかったですね。

おそらく、今の御主人の生活の現状では、奥様のしほさんがいかに食事や普段の食べ物・飲み物をコントロールするかが、今後の回復力の決め手になると思います。

次のものを御主人には完全に禁止にしてください。

・砂糖(白砂糖はもちろん、全ての砂糖と砂糖が入った食品。)
・フルーツ
・トマト、ナス(野菜の中で一番身体を冷やす。)
・コーヒー
・牛乳
・お酢
・お酒、みりん
・イーストパン(イーストを膨らませるために大量に砂糖が入っているため。)
・清涼飲料水全般(自販機で売ってるもので、御主人が飲めるものは基本的にはないとお考えください。)
・化学調味料をいっぱい使ったおかし(何か食品を買うときは裏面の原材料名を確認してください。)

続く↓
テクノなよっちゃん
2012/07/16 18:31
↓続き

しほさんがどれだけ徹底できるかで、御主人の回復力が決まると思います。
油は基本的には少し陰性の食品ということになりますし、御主人は今、とてつもない陰性体質なので、内臓の働きが著しく弱っています。
なので、調理にはなるべく使用せず、じっくり煮たり、じっくり焼いたり、じっくり蒸したり、工夫してみてください。
(じっくり火を通すと、食品は多少、陽性化します。)
味噌汁はとてもいいですよ!毎日、濃い目の味噌汁を飲ませてあげてください!(もちろん、みりんや砂糖はいれません。)
基本、塩分(天然の塩や醤油や味噌)を濃くしてあげてください。
天然の塩分は、冷えを治す最良の薬です^^
御主人にひどい発作などがおきた場合は、醤油か味噌をいっぱいなめさせると、止まると思いますよ。

精神薬自体が強烈に身体を冷やすものなので、それを中和し、さらにあまりあるほどの、陽性の作用が御主人には必要だということです。
人間は動いたり集中して何かに取り組んでいると陽性の方向に→→
ボーっとして何もせず寝てばかりいると、陰性の方向に←←
行きますから、食べ物で御主人に少し活気が出てきたら、なるべく軽い運動を毎日させるようにしてください。
運動を嫌がるなら、ゲームなど、集中して取り組むものでも、運動ほどではなくても、体質を陽性にする作用があります。
テクノなよっちゃん
2012/07/16 18:32


今、食材を買って来ました。

実は、一年前から主人とは、別居中です。が、歩いて5分くらいの主人の実家にいます。


毎日、朝と昼の分だけ食事を運んでいます。


義母(膠原病)は、義父の介護もあり、かなり疲れていますが、私の気持ちも複雑で、このような生活になっています。


でも、今からやってみます。

また、教えてください。私もマクロ調べてみます。


今は、よっちゃんさんの書いて下さる事をしてみます。

ありがとうございます。

しほ
2012/07/16 20:35


今、主人は、栄養が取れないと言って、豆乳を1日に1Lくらい飲んでいます

それは、体を冷やすものに含まれていますが、なぜ、醤油や味噌がよくて、豆乳は、ダメなんでしょうか・・・・

あと、たばこも止めた方がよいですよね?


しほ
2012/07/16 20:53
そうですか^^
事情がよくわかりました。

ある程度、しほさんがマクロビオティック的な料理などを作ってあげて、手ごたえがあったら、そのあと、御主人に自分でできるように教えていくのがいいのではないかと思います。
これは、ある意味、御主人がどれだけ、健康になりたいと思っているか、現状を変えたいと真剣に思っているかの確認にもなりますし、しほさん自身の負担を軽減することにもつながります。
ずーっと毎日毎日、料理を持っていくのも、大変だと思いますからね。

豆乳に関してですが、大豆じたいがそもそも少し陰性の性質があります。
醤油と味噌の場合は、塩分(塩は陽性です。)が多量に含まれているためというのと、製造過程で発酵、熟成しているので、その過程を経ると、食品は何でも陽性化します。
これと同じで、牛乳はとても陰性ですが、長期にわたり発酵、熟成しているチーズは陽性になります。
これは、マクロビの大変面白いところです。
陰性の食品でも、調理法や食べ方を工夫すると、陰性度合いを和らげられたり、逆に陽性の食べ物に変わったりします。

豆乳は大豆を水(生水は陰性。)を入れてしぼっただけなので、もともとの大豆の陰性+水の陰性で、結果、陰性の食品、つまり身体を冷やす性質の食品ということになります。
テクノなよっちゃん
2012/07/16 21:23
しほさんへ。追記です。

マクロビで勘違いされやすいところですが、身体を冷やす性質の食べ物が悪い食べ物で、温める食べ物が良い食べ物だというわけではありません。
どちらの性質のものも、同等に人間にとって価値があります。

例えば、インドの人はめちゃめちゃ気候が暑いために、体質が陽性に傾きがちになります(気候は陰陽に大きく関係します。)。
なので、インドの人は辛い唐辛子系の料理や、とても甘いヨーグルトの飲み物(ラッシーですね。)で身体を冷やすことによって、陰陽のバランスがとれ、健康でいられるようになっています。

マクロビでは良い悪いでは考えず、その人にとって何が今一番必要かで考えます。
しほさんの御主人の場合は、もともとの食生活がおそらく大きく陰性に傾いていたのと、精神薬の強烈な陰性の作用で、キンキンに身体が冷えた状態ですので、冷える食べ物をできるだけ食べず、温める食べ物で生活を固める....というやり方が陰陽のバランスをできるだけ早くとれるようにするためには”今は”必要である、ということです。

なので、御主人が元気になって、陰陽のバランスが整ってきたら、バランスがとれる範囲で、また陰性のものも摂っていいんです。
逆にバランスがとれたにも関わらず、ガチガチに陽性の強い食事を続けていると、今度は身体が熱くなりすぎて、逆の病気になってしまうんです。
陰と陽のバランスがとれている状態が人間にとって一番理想的で元気でいられるというのがマクロビの考え方です。
テクノなよっちゃん
2012/07/16 21:35

おはようございます。


玄米以外は、できました。

よっちゃんさん、じかにお話するのは、無理でしょうか・・・・


しほ
2012/07/17 10:46
しほさん、おはようございます!

そうですか!素晴らしいですね。玄米は炊くのとか、少し難しいので、できたらでいいと思いますよ。

ブログのコメント欄では書きずらいこともあるかもしれませんね。
こちらにメールください↓

kingkongkingkongjp@yahoo.co.jp
テクノなよっちゃん
2012/07/18 06:45
よっちゃん こんにちは

いつも身体症状がつらいとき
よっちゃんの書いた可愛らしい博士を見にきていました
レモンカラーもよっちゃんらしさがでていてとても素敵で心が和みます
生でいただくことは酵素を多くとりいれることになりますし体にいいですょね
お腹の症状があるときは生は控えますが大丈夫なときは必ず毎食生のお野菜を食前にいただいております
お肉やお魚の生は今は体力がないので控えています

またお邪魔します^^
千里
2012/07/19 17:06
よっちゃん!
いつも貴重なコメントありがとう!!
昨日今日涼しいですね。お山の方は寒いくらいかな?
一言お礼にやってきました。ネコ
ネコ
2012/07/21 22:43
千里さん、こんばんは!

そうですか^^ぼくの絵が少しでも和めるきっかけになれて、大変嬉しいです。
ぼくは絵も描きますし、音楽も作っているので、余裕が出てきたら、そういう、精神衛生状態を良くする...つまり癒されるものの充実も必要なことかなと思っています。
やはり、薬を止めることは長期戦の場合が多いですからね。

生ですか。
一応、マクロビオティックでは、野菜でも食品を生で食べることはあまり推奨されていないんですよね。

確かに栄養の面だけで考えると、生だと栄養が煮たときのように水にとけないという利点はあると思いますが、もっと大きな陰と陽のバランスで見た場合、特に野菜は火を通さないと基本的には身体を冷やすものになってしまうんです。

それは、ニンジンや大根などの身体を温めると言われている野菜でも同じだと思います。
火を入れるので、少し陰性だったニンジンや大根は少し陽性の”温める”食べ物になるのだと思います。

トマトやきゅうりやナスなどのいわゆる”冷やす”野菜は、生で食べたりすると、薬を長年飲んでいた超陰性体質の離脱者には、けっこう致命的とも言える作用をすると思います。

冷えによる発作などは、かなり時間差でくる(食べた日の翌日とか更にその次の日とか)ので、食べ物で体調が悪化している実感がない場合が多いので、そこは注意したほうがいいと思います。
テクノなよっちゃん
2012/07/22 20:50
ネコさん、こんばんは!

そうですねー。こっちもだいぶ涼しいです^^
すごしやすいですね。

ぼくは、今は着実に、日に日に体力がついていて、毎日、今日はどんな感じになるんだろう?とワクワクしている感じです。

例えば、今日は昨日より音楽が豊かに聴こえる....とか。

そういう感じです。
また、コメントさせてください^^
テクノなよっちゃん
2012/07/22 20:55
しほさんへ

メールが送れなくなってしまいました。

多分、しほさんのケータイのほうで、yahoo.co.jp などがついたアドレスのメールを着信拒否する、ドメイン設定がされているのだと思います。

その設定をもとの状態に戻して頂ければ、また御連絡できると思うので、よろしくお願いします。
テクノなよっちゃん
2012/07/23 07:47


やはりそうでしたか・・・

ある日より急に迷惑メールがどんどん入ってきて、ストップかけたのでした。


すみませんォォ


yahoo.co.jp受け付けられるようにします。


ところで、なぜ直接お話できませんか?と聞いたのは、私は、離脱症状になっている本人でないからです。

主人は、今は、ご飯、トイレ、以外は、寝たきりです。

ご飯食べて三時間症状に苦しみ、ようやく治まった頃、また次のご飯、また次。

1日その症状に苦しみ、さて睡眠はと言うと、タイミングよく寝ても、何時間かで電気が頭に走るとかで、起きてしまいその後寝られなくなると言います。


食欲は、ないが、力が無くならないように詰め込む感じらしいです。


体がすごく熱いらしいので、よっちゃんさんに言われたマクロビや豆乳、コーヒーも言いましたが、止めてくれそうにありません。


だから、もし、お話できたら主人もこのような症状を理解してくださる人がいると思うのと、私からマクロビの話をするより受け入れてくれるかなと思ったのです。

しほ
2012/07/23 13:54
よっちゃん こんにちは

わたしったら^^;
マクロビを火を通さない食事療法と勘違いしておりました
わたしは東洋医学の観点から体質や陰と陽の食べ物は独学ですがかじりました
よっちゃんさんもとてもお詳しいですね
お辛い中勉強されたのですね、素晴らしいです*
陰と陽の食べ物はよっちゃんさんが教えてくださったとおりこれからも実践していこうと思います^^
長年の身体症状を抱えて生のお野菜を食事前にいただくことは今はいいようで消化を助けてくれるのです
食事で塩分もとるからか冷えは以前のように感じないのでしばらく続けてみます
身体がいいと感じることがやっとこんな身体になって分かってきました、おバカさんですね〜^^;
よっちゃんの記事 楽しみにしていまぁす*
千里
2012/07/23 16:26
千里さんへ

なるほど、胃腸の調子をあげることは大事ですよね。
ぼくも、胃腸が疲れてくるとイライラしたり頭がまわらなくなって精神状態が悪くなるので、完全にすきっ腹になるまでは、無駄に食べないようにしています。

そうすると、今の体調だと、1日1食くらいが一番すっきりしていますね。

食べ物の陰陽に関しては、陰の食べ物も栄養が豊富なものが多いので、塩分濃くしたり、じっくり火をとおしたりすれば、陰性がやわらぐので、工夫すれば大丈夫だと思います(極端な陰のものだけ避ければ。要はバランスなので。陽のものを多く摂るというのも、薬の陰に対してバランスをとるということなんです。)。

ぼくも豆腐がすごい好きなので(豆腐は少し陰性)、豆腐を食べるときは、醤油をいっぱいかけたり、味噌をたっぷり塗って食べています。

結局、自分に一番しっくりくるやりかたをやるのが一番いいと思いますね。
千里さんの御回復を願っています。
テクノなよっちゃん
2012/07/25 08:37
はじめまして
今薬の副作用離脱症状で苦しんでいる者です。21女です
検索からここのブログにたどり着きました

私はセロクエルという薬を出され副作用があるにもかかわらず
医師に伝わらず出されつづけて 医師のことを信用できず
自分の判断で断薬をし離脱症状がでてきて苦しんでいます
今は病院の日まで薬を半分に割って飲んで減薬をはかっています
症状は両手の強い痺れ、不眠、足の痺れ 手の震え せかせかする おちついていられないなどがでてきています
以前から精神科に通い薬をだされていて薬に対する不信感があってもやめられることができず自分の決心で断薬しましたが
また違う病院でこういうことになってしまって
勝手にやめることの恐ろしさ 精神薬の恐ろしさを身をもって知りました
よっちゃんさんもセロクエルで大変な目にあったようで
このブログは本当に参考になりました
またよっちゃんさんの前向きな姿勢がすばらしいと思いました

いろいろなことがのっていてとても参考になりました
離脱症状 薬のことを調べて病院でしっかり減薬や対処をしていきたいと思います。

体調もよくなってきたようで良かったですね。
わたしもリラックスをこころがけ食事をみなおしていきたいと思います。

みず
2012/09/08 12:50
よっちゃんさん、初めまして。
拝読させて頂いています。

突然ですが、自律神経を整えるにはどうしたらいいのでしょうか?
私は5年間飲んでいた精神薬を断薬しました。
止める際、医者とも相談し止めて大丈夫との事でしたが、止めた事で自律神経が乱れたようです。

医者からまた抗うつ薬を飲むよう言われましたが、処方箋を変えられた上に薬漬けにされると思い、飲まずに治したいです。

医師からも飲みたくないなら飲まなくていいと逆ギレされた上に薬の怖さを知ったので飲みたくありません。

よっちゃんさんの書かれた事(目の運動・腕ふり運動など)を実践しています。
何かアドバイス頂けると、幸いです。
よろしくお願い致します。
ちー
2012/09/08 17:32
みずさん、こんにちは!
今、大変な状況のようですね。お察しいたします。

西洋医学は東洋医学に比べて、決定的に、「経験の蓄積」というものが欠けています。
まあ、まだ西洋医学の歴史は浅いですから、無理もないのですが。
西洋医学の現在の治療法というのは、
「理屈だけで考えた結果、この方法で良くなるかも??」
ということをやっているだけなので、それが全然、間違っていることが多々あるということですね。
東洋医学は長い経験則に裏づけされていますから、理屈ではよくわからなくても、「この方法で治る!」という、膨大なデータの蓄積があるわけです。

ぜひ、マクロビオティックを実行し続けてください^^
必ず良くなるはずです。できれば、ぼくのブログだけではなく、御自分でマクロビオティックについて検索して勉強なさると、より深く理解できて、実践しやすいと思います。

長丁場になると思うので、日々のリラックスが大事だと思いますが、リラックスの一番の秘訣は”セロトニン”を出すことです。
まず、朝起きての15分くらいの日光浴。
そしてスワイショウなどの体操を、「ワン・ツー・ワン・ツー....」と、リズムを意識してやるとセロトニンが出ます(リズム運動と言われているものでも、リズムをはっきり意識しないと、セロトニンがでません)。

ぜひ、お試しを!^^
テクノなよっちゃん
2012/09/09 11:13
ちーさん、こんにちは^^
最服薬をしないという御決断は、とても素晴らしかったと思います。
ここの記事(化学薬品で冷えた身体を温める)は読まれましたか?
化学的な薬を飲むこと自体が、身体の冷えを加速させ、脳や内臓の冷えが原因である精神病をどんどん悪化させます。

自律神経失調症の原因は、身体、そして内臓の”冷え”が原因です。
冷えると水が細胞内にたまるようになり、脳細胞の中にも水がたまるようになります。
脳が水でブヨブヨになっていき、正常に働かなくなっていきます。

ここの記事で書いた、マクロビオティックを徹底して実践してみてください。
ぼくはこの方法で地獄のような薬の副作用から立ち直りました!

あと、上のみずさんへのぼくのコメントに書いたように、冷えを完全に改善するまでの長丁場をしのぐには、なるべくセロトニン神経を刺激して、苦痛を和らげることが有効です。

また、お聞きになりたきことがありましたら、いつでも、御連絡ください^^
テクノなよっちゃん
2012/09/09 11:21
こんばんは。
メッセージ、ありがとうございます。
凄く参考になります。
冷え性対策に、食事には気を付けていましたが、よっちゃんさんのを実践してみようと思います。

それから、先生に逆ギレされた際ヨガもあると言っていたので、ヨガも始めました。
まだ効き目はわかりませんが、自律神経を整えるポーズが沢山あるので頑張ります。
ちー
2012/09/11 22:35
8日に書き込ませてもらいましたみずです こんにちは
よっちゃんさんに相談があります
やはりこのセロクエルという薬は特にいきなり断薬すると
かなりひどい離脱症状禁断症状がでるみたいでその症状でかなり苦しんでいます
一番辛いの不眠でここ3日くらいまともに寝れていません
もう病院には行かないと決め半分に割って飲んだのも一回だけでそれからはもう飲んでいない状態です
セロクエルを飲んでいて断薬した人が眠れるようになったという情報がなくやはりまた薬を飲み始め少しずつ断薬していった方がいいのかと思っています、、、
このまま睡眠がとれないと思うと耐えられる自信がないのです
またいきなり断薬した男性がある症状に苦しめられ断薬を後悔していました このまま飲むのをやめると症状が出てきてしまうのではと不安があります。
薬の飲んだりやめたりはこんな感じです
7/19〜25 セロクエル25mg(6日間服用) 7/26〜8/10までやめ
8/11〜9/4 再開(25日間服用) 9/7 セロクエル25mg半分服用

です
この状態ではまた飲み始めるのに危険、悪いところがあるでしょうか?また悪化してしまうでしょうか・・・
飲んだほうがいいのかやめ続けたほうがいいのか よければアドバイスいただきたいです
できればあの薬を処方された病院には行きたくありません・・
でもこうするしか方法はないのか・・
地元の内科や精神科にいったのですが その薬をもらったところで相談してといわれます。
違う減薬や断薬を相談できる心療内科や内科を探しています・・・

長くなってすみません よければアドバイスよろしくお願いします
みず
2012/09/12 12:06
みずさん、こんばんは^^

ぼくの場合セロクエルは処方されていなかったので、そこのピンポイントのアドバイスはできませんが、ぼくも断薬した直後は、
・30分しか眠れない状態が3ヶ月続いた
・幻覚のような症状
・目が痛くて光がだめで、室内の蛍光灯すらも苦痛
などの(他にも無数に症状はありましたが、あげていくときりがないので。)きつい症状がありました。

でも、これは、マクロビオティック的な食事療法を全くやっていなかったときのことです。
睡眠に関しては、食事療法をしだしてから、すごいスピードで改善していきましたから、マクロビオティックを厳格にきちんとやっていけば、きつい症状が仮に出たとしても、短期間で済むと思います(ぼくは食事療法と出会うまでの2年間、地獄でしたね。)。

禁断症状がきつそうであれば、まず食事療法を徹底して、ある程度体力と気力がついてきたところで、少しずつ減薬していくという方法もいいのでは?と思います。
ぼくはいっきに4種類ほどの薬を止めたので、かなり深刻な禁断症状でしたが、まず食事療法をして.....という流れでやっていけば、もしかしたら、そんなにきつい禁断症状を経験しなくても済むかもしれません。
ただ、ある程度の禁断症状は耐えて乗り越えるという覚悟も必要だと思います。
こんなに危険な代物を事前に調べもせず、医者の言うことを鵜呑みにして長期間飲んでしまったのは、他でもない自分自身の責任なので、腹をくくって覚悟を決めることも大事だと思いますね。

とにかく、食事療法を徹底してください!
あと身体が動くようになったら、できるだけ運動してください。
何かわからないことがありましたら、コメント欄では文字数制限など不便だと思うので、

kingkongkingkongjp@yahoo.co.jp

にメールください。
テクノなよっちゃん
2012/09/14 02:56
こんにちは。
以前、書き込みさせて頂いた者です。

一つ教えて下さい。
鍼や灸もいいと聞きましたが、整体やマッサージよりもいいのでしょうか?

全身の神経がおかしくなって、いてもたってもいられない時があります。

1日でも早く社会復帰をしたいのですが、何がいいのかわからないでいます。

よろしくお願い致します。
ちー
2012/09/15 12:03
よっちゃんさんはじめまして。
こちらのブログに辿り着いて何だかとてもホッとしました。有難うございます!!

今減薬の真っ最中です。以前は薬の副作用に知識がなく、不眠で寝るために何種類も服薬していました。春に軽い気持ちで自己流の減薬をしたら離脱症状が出ました。

初めは自分に一体何が起きているのか分からず、不安な日々を過ごしていましたが、ネットでそれが離脱症状というもので、同じ様な体験をしている方がいると知りました。

今は自分に良いものをと勉強し、試行錯誤しています。

毎日辛いです。くじけそうになります。でも諦めずに頑張ります。
まずは今日から身体を温める事を実践します。

これからも拝見しますね。宜しくお願いします。
明るい未来
2012/09/17 19:21
ちーさんへ

おはようございます^^
鍼やお灸や整体やマッサージについては、ぼくは、全く行ったことがないので、何とも言えないですねー。申し訳ないです。

ただ、それらの療法の体験談などを読みますと、やはり身体がポカポカするというような温まる感じがあるので、冷えた身体を温めるという点では、効果があるかもしれませんね。

でも、多分、身体に直接入れる、食べ物・飲み物の影響が一番大きいので、鍼灸や整体などのお金のかかることを無理にやる必要はないと思います。
お金かけて整体やるなら、お金かけずに自分でストレッチやヨガをやったほうがいいと思います。

精神的に辛いときは、ヨガは自律神経を落ち着ける効果があるので、とてもいいと思います。
冷えを解消するまでは自律神経失調状態が続きますから、できるだけリラックスする方法を試してみてください。
テクノなよっちゃん
2012/09/18 07:40
明るい未来さん、初めまして!

化学薬品が身体を冷やし、身体が冷えたことによる病気を助長している....ということがもっと認知されれば、今の薬物投与中心の精神医療や西洋医学のあり方そのものが変わると思います。

ぼくは色んな手立てで、このこと.....食べ物のバランスの悪さが色々な病気の原因である....ことを、広めて世界のスタンダードとなるようにしていきたいです^^

今は、お辛いでしょうが、冷えの解消を真面目にやっていけば、今の辛さも、健康への道の過程に過ぎませんから、常に希望をもって、地道な食事療法を続けていってください。

ちなみに、ぼくは食事療法はじめてからまだ半年程度ですが、かなりいいところまできていますので、だいたい心底辛い時期が終わるのが半年、その後社会復帰できるまでの体力を取り戻すまで半年くらい....で全部で1年くらいで全快できると思います(もちろん、療法を徹底した場合です。)。

それを目安に根気よく続けていかれると良いと思います。
わからないことや何か御質問があれば、いつでも、書き込みしてください^^
テクノなよっちゃん
2012/09/18 07:55
わたしが通ったのは5年前になります。
なぜかいろんな薬を4種類出され、いつ治るのかと思いずっと服用し続けました。そして今年3月に一気に断薬しました。離脱症状などそんなことも知らずに。戻したりして一気におかしくなり、また受診してしまい、そこから薬を処方され 違う病院で一気にパキシルを処方され減薬してほしいと一手減薬してもらったのですが、思考機能がおかしくなって、臆病者になってしまいました。
本当はこんな性格ではないのに。
心臓はばくばくしておかしいし しびれるし 不眠だし
思考能力付加。
薬に殺されました。
これを早く治さないと、彼が転勤になってしまうので
治したいです。かなり遠くに
子供が産めるか心配で。元々の職場の人なので絶対に言われるはずだし。
医者に殺されました。
こんにちは
2012/10/07 15:14
こんにちは→ かず でお願いします。
名前がこんにちはでおかしいですね。
2012/10/07 15:15
ずっとだまされて処方していた、女医師は、わたしが断薬したら離脱症状が出ませんでしたか?と は?っていう感じでした。そこから辞めればよかったのですが、違う病院にも行き、そうしたら、このまま辞めるのを続けてみましょうかとふざけたことを言われ、また元の医師に戻り、その医師が信じられなく、でも処方してもらってしまい・・・先ほどにも書いたとおり 違う病院で パキシルを10からいっきにあがり そして2週間ごとに下げてもらったところ、鬱病ですね・・・
はっていうかんじです。そもそも病気じゃなかったのに、病気にされ、挙げ句の果てには鬱病って。。。
ざまぁみろって言われました。
また処方されるか、このままの状態でいるのか。
わたし自身が考えてくださいって、今テレビとか何にもみれる状態じゃないし、料理も覚えられないからそれをひた隠しに生きている状態です。そもそも考える思考がないのに、自己判断しなさいって。ふざけるな
っていいたいです。
医者に本当に殺されました。

すみません。愚痴るところがなくて、
なんとか体を温めたりして本気で治していきたいです。
そもそもならなくてよかったのに、なってしまったのが信じられない。
かず
2012/10/07 15:44
かずさん、おはようございます^^
返事が遅くなってごめんなさい。

色々、大変な思いをされているのですね。
ぼくも、薬で相当苦しみましたから、かずさんのお気持ちは良くわかります。
精神科医はほとんどの人が、お金のためにやっているような人ばかりなので、質も低く、志のある人にめぐり合えるのはマレだと思います。

かずさんの今現在の思考や性格などは、薬のストレスによって、身体が冷えてしまったのが原因なので、身体が良くなれば、正常に戻るはずです。

まずは、この記事に書いた、温める食事の徹底をなさってください。
冷える食べ物は、かずさんの御体調を確実に悪くするとお考え下さい。
できればネットで、「マクロビオティック」を検索して勉強なさり、御自分のものとして深く理解なさるのが良いと思います。
あと、冷えが改善されるまでは、自律神経が乱れて緊張しやすくなっているので、目をリラックスさせるように心がけると、心身ともにある程度リラックスできます。

なるべく、目が固まらないように、目を意図的に動かすようにして、まばたきをなるべくするようにしてください。
蒸しタオルで目を温める、温かいシャワーを目にかけるのも有効です。
一番のおすすめは、目を閉じて首をまわすと、とてもリラックスできます!
目を閉じるというのが、ミソです。
テクノなよっちゃん
2012/10/18 08:37
よっちゃんさん、お久し振りです。
お忘れかも知れませんが、ポワンです。
断薬から2年半経ち、またくじけそうで、久しぶりによっちゃんさんのブログにきました。
私も2年半前のことを思うと、随分良くなったなぁ〜と実感してます。でも今も頭はボーとしたり、締めつけが酷かったり、睡眠も1時間半ごとに起きたりと、苦しい状況には変わりありません。

マクロビオテックのことは全く知りませんが、私は自然とそのような食事になってるので、驚いてます。
ここ2年半は、食べると身体の状態がひどくなるものが増えました。
カレーが大好きだったのですが、食べるとひどい胸焼けで1日か2日は、ずーとカレーの味や臭いが口やら胃に残ってしまいます
コーヒーも苦くて飲みづらかったり、ケーキ等の洋菓子類も食べると、調子悪くなります。
豚肉牛肉に至っては、すごい下痢と吐き気がして、今は一切止めてます。
鶏肉だけは(地鶏のみ)食べれますが、化学調味料は少し入ってるだけでも、1口食べるとダメ。魚はまだ良いのですが、ブリとかは食べれるが、胸焼けがします。

また、温熱ルームという遠赤外線ので身体を芯から暖めるという所に通ってますが、汗が出ててくるまでに、1時間か2時間もかかります。皮膚の表面が暖まって、熱くなってくると、身体の中の芯の方がすごく冷たいと実感。熱いところにいるのに、身体の中の方がよけいに冷たく感じます。
そして暖まってくると、胃や腸が活発に動き出すのが音とともに分かります。
身体が冷えきって、いろんな身体の機能が止まっているようです。

日中辛くて、つい、やっぱり薬のんで、たとえ1日でもいいから、ぐっすり寝たい!!って、強く思うようになってもいる今日この頃です
身体がもう悲鳴あげて来ているようで・・・
でも、薬は・・と、葛藤の繰り返しです。
ポワン
2012/10/25 14:25
ポワンさん、お久しぶりです!もちろん、おぼえていますよー^^
そうですか、まだ、大変な状態なんですね。
ぼくは、記事に書いたマクロビオティックを徹底してから、7ヶ月ほどになりますが、見違えるほど、良くなりましたよー^^
もう、ほぼ、病気から抜け出したと言ってもいい体調になったと思います。

ポワンさんも、マクロビオティック知らなくても、ご自分のお身体で感じてたんですねー。
やっぱり、あまり理屈で考えず、自分の感性や感覚を基準にするのが一番ですね。

砂糖、コーヒー、カレー(香辛料や唐辛子)は、全て、身体を冷やすものなので、精神薬でキンキンに冷えてしまったポワンさんのお身体が全く受け付けなくなっているのも、自然なことだと思います。
特に白砂糖は大変に身体を冷やす作用が強いので、厳禁だと思いますね。

身体を温めていくコツは、とにかく、塩分を濃くして、しょっぱくして食べることです。
ぼくは、おかずやご飯に、醤油や味噌やお塩などをドボドボ入れて食べています(笑)が、高血圧になることもなく、どんどん元気になっています。

肉・魚は身体を温めるものですが、消化吸収が大変で、かなり身体には負担になる食べ物なので、まだポワンさんのお身体は拒否しているのでしょうね。

ぼくのやり方ですが、ぼくは、今、ほぼ完全に1日1食にしています。
1日3食も食べると、胃腸が休むひまがなく、身体が疲れてどんどん消化吸収力が落ちてしまうからです。
精神状態も悪化します。

続く......↓
テクノなよっちゃん
2012/10/26 10:55
↓.....ポワンさん、続きです。

あとは、日々、セロトニンを出すことを心がけることです。
まず、朝には必ず外に出て、日光浴をします(晴れていなくても。むしろ晴れていないときのほうが、日照量が少ないので、外に出

て日光浴したほうがいいんです)。
あとはリズム運動です。
一定のリズムを意識しながら身体のどこかを動かせば、それがリズム運動になるので、セロトニンが出ます。
貧乏ゆすりでもでます(笑)
本を音読することでも出ます。
あとは、有効なのはガムを噛むのもいいと思います。
カラオケなど、歌を歌うこともいいと思います。

セロトニン自体に身体を温める作用がありますし、気持ちを穏やかにし、胃腸の働きを活発にし、食欲をおさえ、脳を活発にし、

自律神経を安定させる作用がセロトニンにはあります。

おそらく、また薬を飲んでも、楽にはならないと思います。
薬を飲むことで、余計身体が冷えるので、もっと大変な状態になると思います。
ちなみに、セロトニンは夜には、身体を休めるためのメラトニンという物質にかわります^^
テクノなよっちゃん
2012/10/26 10:58
よっちゃんさん、覚えて頂いてて嬉しいです!

またいろいろアドバイスありがとうございます。
塩分不足のこと以前も書いてらっしゃいましたね〜
私はもともと薄味嗜好なので、塩や醤油をどうしても控えすぎてしまってます。梅干しとか食べてみようかな。
歌を歌うこともいいんですね。
もともとカラオケとか苦手だし、笑うことも少ないのですが、口を動かすことは顔の筋肉もほぐれますものね。
今回も参考にして出来る範囲で続けていきたいと思います。

1日1食が中々出来ません。もとが食いしんぽうなのと、食べることでストレス発散しているように思えます。
でも食べ過ぎるとかなりしんどくなってくるので、徐々に小食にはなってきてますが・・・

最近では臭いに敏感なのが更にひどくなり、お隣りの洗濯時のダウニーの臭いがたまりません。1日中部屋にも侵入して強烈な臭い。
頭痛や頭の締めつけが酷くなります。
香水やトイレの芳香剤もダメです。
世の中に香りのキツいものが多いのを改めて実感。
以前は気にならなかったのに・・・辛いです。

そして、今一番辛いのは就寝時の前頭葉の締め付けです。
このせいで、何度も目が覚めるので辛いです。
日中ももちろん前頭葉が重いし、締め付け酷いてすね。
これは良くなる兆しが無くて、薬のことを考えてしまいます。

でも、もう少し、よっちゃんさんのアドバイスを参考にこのまま頑張ってみます。
食事とリズム運動日光浴と、いろいろ続けてみます。

本当にいつもアドバイスありがとうございます!!
ポワン
2012/10/28 10:15
はじめまして、
4年間、数種類の薬を朝昼晩そして寝る前に飲み続けて
途中追加で脳神経を覚醒させるベタナミンも飲み続けて
今年の9月に飲むのをやめました。
パニック発作、吐き気、めまい、頭痛に腹痛に手足のふるえ
家族の支えなしでは気が狂いそうでした。
そして、また病院を変えて、別の医師の元で
薬の量が多いのですべて身体から抜いてしまいたいと言われ、
今は、セロクエルを朝と晩に一錠、寝る前に睡眠薬を一錠にしてます。
医師からは統合失調症ではないかと言われ
ますます不安になり、仕事も休み一ヶ月経ちましたが、
夜は気が高ぶり眠れず、パニック発作も頻繁に起こり
グレープフルーツジュースを飲みながら必死に嘔吐に耐えてます。
なるべく断薬したいですが考えがまとまらず、混乱してます。
よっちゃんさんのブログにたどり着き、
自分1人ではないのだととても救われたおもいです。

いままで通って
せな
2012/10/30 15:31
せなさん、初めまして^^

大変な思いをされているのですね。ぼくも同じように大変だったので、お察し致します。

おそらく、精神科医の言うとおりにやっていくと、良くなるどころか、病状はどんどん悪くなっていくと思います。
なぜなら、陰性のものを食べ過ぎたために起こる精神病を、化学薬品(精神薬)の強烈な陰性の作用によって、どんどん悪化させてしまうからです。

精神薬を飲んでなぜ病状がどんどん悪化するのか?
これについての納得がいく説明は、マクロビオティックのような陰陽論でしかなしえないことだと思います。

今、せなさんに必要なことは、陰性の食べ物・飲み物をなるべく摂らず、陽性食品を多く摂るようにすることがまず第一だと思います(グレープフルーツは陰性がわりと強いので、おそらく病状を悪化させます。)。
これに関しての詳しいことは、この記事に書きましたので、ぜひ一度、熟読していただきたいです。

あとは、体質を改善するまでの間(体質改善は一気にできるものではなく、ジワジワとある程度長い期間がかかります。)、できるだけリラックスして日々をしのいでいくことが大事だと思います。
リラックスできれば、陰性体質の辛い症状も少しやわらぐはずです。

方法は色々ありますが、とりあえず、ガムを噛むことを試してみてください。
噛むというリズミカルな動作で、セロトニンが出ますし、あごを動かすことで、あごの筋肉の緊張がほぐれ、全身がリラックスします。
脳にも刺激がいき、思考もしやすくなると思います。
テクノなよっちゃん
2012/11/06 10:17
薬にはグレープフルーツと飲み合わせが悪いものがあり、精神科で処方される薬の中にもグレープフルーツと飲み合わせが悪いものがあるようです。薬について無知な医師や薬剤師も多いのでご自身で調べられるとよいと思います。
横からすみません
2012/11/13 13:29
「いきなりのメール失礼致します」
という題名で、アンドロイドからメールくれた方へ。

おそらく、そちらのアンドロイド携帯のEメールのドメイン設定で、こちらのメールがブロックされて送れない状態です。
ぼくのメールはYAHOOメールなもので^^;

もし、よろしかったら、ドメイン解除して頂くと、メールのやりとりができると思います。

あと、お名前もニックネームでいいので、書いて頂けると、やりとりしやすく助かります。

よろしくお願いします。
テクノなよっちゃん
2012/11/14 09:27
こんばんは。
メッセージ、有難うございます。
食事療法マクロビオティック、とても参考になりました。

陽性食品をなるべく多く摂りたいと思います。
僕は、甘い物が好きだったし、
6年前から起きていたパニック発作の時は、
激しい嘔吐がとても苦しいので、ポカリスエットを飲んで
その場を凌いでいました。

断薬した時にまたその発作が振り返してしまった感じです。
今考えれば、過去のプレッシャーと不規則な食生活に問題があったのかもしれません。

グレープフルーツはずっと飲んでしまいました。。
今後飲まないようにします。
薬とも相性が悪いのですね、コメント有難うございます。

ガムを噛み、リズム感を感じて、あごの筋肉がほぐれるのですね。
早速、試そうと思います。ありがとうございます!
せな
2012/11/14 19:10
せなさん、こんにちは!

ポカリスエットなどの清涼飲料水(アクエリアスなどと一緒でスポーツドリンクと謳っていますが、実際はただの砂糖水です。化学物質でちょっと味付けしておししくなっているだけです。)は、想像以上に砂糖を大量に使っているので、陰性体質の人間には厳禁です。

グレープフルーツは、日本原産ではなく、わりと暑い国の果物なので、陰性の作用が強めです。
甘いものやフルーツが食べたくなったら、リンゴがおすすめです。
リンゴはフルーツの中では一番、陰性の冷やす作用が弱く、焼いたり塩をかけて食べたりすれば、さらに陰性を弱められます。

僕自身、自律神経を整える方法を研究しているのですが、どうやら、背筋をのばし、姿勢をよくするのが一番よいかもしれません。
姿勢を良くすると、自然に腹式呼吸になり、呼吸のリズムが安定するので、何もしなくても勝手にセロトニンが出ます!
逆に、姿勢が悪く猫背でいると、いくらリズム運動や日光浴をしても、なかなかセロトニンが出ない感じがします。

姿勢をよくする方法は、基本的につま先重心だと思います。
椅子に座るときは、椅子を少し高くして、カカトが少し浮いた状態にすると、自然に姿勢がよくなります。
あとは、あごをひくのもいいです。
意識してみてください^^
テクノなよっちゃん
2012/11/17 13:19
よっちゃんさんお久しぶりです。最近は玄米食を中心に食べていますが、ぐるぐるする思考と、フラッシュバックと性格が180度変わったのには何ら代わりはありません。皆が前を向けと。ホルモンバランス改善のためにも、ハーブティを飲用しております。豆乳が体によいと聞いて、豆乳(青汁風)を温めて飲んでおりますが、それはあまり良くないのでしょうか。ストレスでどうしても食べてしまいます。痩せません><せっかく痩せたのに
かず
2013/05/16 17:26
かずさん、こんにちは^^お久しぶりです。

ここで説明した食事療法に関しては、根本的な体質の改善の部分になるので、変化が毎日ジワジワです。
明らかな効果がわかるまでは、時間がかかりますが、この体質の改善こそが根本的に一番大事なので、気長にぜひやって頂きたいと思います。

豆乳は確かに栄養面では身体に良いものですが、陰性体質の改善という意味では、陰性が強めの食品になりますので、向かないなと思います。

ただ、実は、陰性の食品には、副交感神経(リラックス、休息)を刺激する作用があります。
なので、陰性食品であっても、陰性の弱いものであれば、気持ちを落ち着けるために使っていくのも効果的かな?と今は思っています。

青物野菜や、緑茶や紅茶(もちろん、砂糖やミルクは入れません)などです。
こちらの表を参考にしてみてください↓
http://blogs.yahoo.co.jp/kotamarin/7335351.html
(ちょっと下にスクロールすると、出てきます。)

大豆食品を食べたいとき(大豆食品にはトリプトファンが多く含まれるので、セロトニンが出やすくなります)は、豆腐に醤油をかけて食べる(陰性を醤油の陽性で中和する)とか、調理されてほぼ中庸になっている、厚揚げなどになさると、体質の改善も早いと思います。

ですが、ストレスを溜めるのは良くないので、食べたくなったら、食べたいものを食べるのも必要なことだと思います。

ストレスの解消方法・気持ちの落ち着け方は、こちらに書きましたので、ご参考になさってください↓
http://yocchan-techno.at.webry.info/201303/article_1.html

セロトニンを出すと、食欲が抑えられ、代謝がよくなりますので、ダイエットにも効果的だと思います^^
テクノなよっちゃん
2013/05/20 16:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
化学薬品で冷えた身体を温める よっちゃんの「断薬を成功させるぞ!」日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる